でゅら~の暇つぶし

音楽情報を中心に、さまざまな情報をとりまとめるブログです。

【NEWS・雑談】音楽フェスのススメ

 今日は、日本列島の複数地点で真夏日を記録したよね。気温が上がってくると、いよいよ夏フェスの季節って感じでテンションもあがる!

 紹介するのは、Wooris という女性を対象にした情報サイトで紹介された、夏フェスに関する記事だよ。

☆フロントエリアは超危険!フェス初参加者は知っとくべき注意事項4つ☆

〜前略〜

■1:フロントエリアは危険地帯!

バンドやアーティストを観戦する際に見る事のできるエリアは、大体3つに分かれています。

(1)フロントエリア:バンドと一番近いステージ前のエリアです。
(2)スタンディングエリア:フロントエリアよりも柵で区切られた少し後ろのエリアです。
(3)ステージエリア・テントエリア:椅子が設置されていたり、座りながら聞けたり、テントが張れるフェスでは、そこで寝ながら聞く事ができます。

アーティストに一番近いフロントエリアは、注意すべき“共鳴動作”が最も多くみられるエリアです。一番近くでアーティストの熱を感じられる訳ですから、激しい共鳴動作が発動されてしまうのも無理ありません。

ライブ慣れしている猛者達も多いエリアのため、か弱い女子は押しつぶされてしまう可能性が高いので、気を付けてください。

■2:柵前と警備スタッフ前の巻き込み事故に注意!

柵前は一見、安全に見えますが、後ろからの圧迫による圧迫骨折や、胸部強打によるアザという怪我のリスクが高い場所です。

また、警備スタッフがいる柵前は、“ダイブ”をしたダイバーを引きずり下ろす作業が行われるので、ダイバーが暴れると、頭を蹴られたり、首をひねられたりします。

■3:背の低い人はとくに注意を!

背の低い人は、とにかく押しつぶされます。一番危険なのは、顔が人に埋まってしまい、呼吸ができなくなってしまうことです。よくオーディエンスとして片手を振り上げますが、呼吸できる隙間を確保するためにも、上げていない手は常に胸の前に置き、隙間を確保することをオススメします。

また背が低い人は、ダイバーの絶好のジャンプ台になります。目をつけられたジャンプ台はその後も、たくさんの人が飛ぼうとして踏みつけられるので、嫌であれば早急に避難しましょう。

■4:貴重品の盗難や痴漢に注意!  

大勢の人々が集まっているフェスですが、その混雑に紛れて盗難や痴漢をはたらく輩が多いのも事実です。身軽になりたいがために、お財布をポケットにつっこんだ状態にしていると、いつの間にか抜かれてしまうかも!

また、暑い時期におこなわれるフェスなので、薄着になるのは仕方ないのですが、とくにスカートなどは要注意! 満員電車と同じような状況になるので、魅力的な女性ほどお気を付けくださいね。

以上、フェスに参加するにあたって、知っていないと危ない要注意事項についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

楽しい思い出になるフェス。初めての経験が今後のイメージにつながるので、皆さんも初フェスデビューを成功させて素敵な思い出を作って下さいね!

○元記事URL(Wooris)
   http://wooris.jp/archives/75756 


 フェスと言えば、オールスタンディングなので、ライブ初めての人にはいろいろ大変だと思う。
 特に、モッシュが発生するようなフェスに、予備知識なしに参加すると、こんな危険な目に遭うこともあり得る・・・

○危険な目参考動画 ※音量注意!
   (http://www.youtube.com/watch?v=jqK_0BbZGJY


 ・・・怖いねー。

 でも、たとえ前方エリア(記事のフロントエリアのこと)でも、危険地帯さえさければ、初心者でも安全に観戦することができるよ!

 オイラの経験だと、前方エリアの危険地帯はこんな感じだ!


 まず、第一に注意したいのは、最前のエリア。
 ここは、バンド見たさに人が集まるので、最も過酷と言えるエリア。
 絶えず後ろから押され、最前の人は柵に押し付けられるので、かなり厳しい。さらに、人が多すぎるので、空気が足りないし、もみくちゃにされてあっという間に汗まみれ。結果、不快指数MAX!
 ライブ慣れしていないと、かなりキツイ場所。

 次に注意したいのが、真ん中あたり。
 ここでは、モッシュが発生するので、ある意味、戦場と化す危険な場所。
 体と体がぶつかりあい、怪我する人も出るし、激しい動きの中で荷物を失くす(または壊す)人も多いから、初めての人は避けておいた方が無難かな。
 でも、モッシュが発生する場合は、モッシュピットと呼ばれる空間が形成されるので、その中に入らなければ、さほど危険ではないよ。
 ただ、モッシュが発生すると、暴れたい人が集まってくるので、巻き込まれないようにね。それに、誰彼かまわず巻き込もうとする人もいるからね。

 狙い目としては、両サイド、後ろの柵あたりかな。
 この辺になると、あまり混雑しないね。特に、両サイドのステージ近くは、ほどよい人口密度で、モッシュピットからも少し離れているので、安心して観戦できるよ。

 だから、前でみたい場合は、後ろから両サイドの柵に沿って移動し、様子をみて中央の方に移動するのがいいと思うよ!

 あと、ちょっと冒険したい場合は、モッシュピットの外周部もおすすめかな。
 モッシュしてるときは、結構視界が開けていて、快適に観戦することができるよ。
 繰り返しになってしまうけど、巻き込まれる可能性もあるので、そこは注意しておいて!

 前方エリアの観戦方法は、以上のような感じ。

 あと注意するとしたら、前方に行くときは、手荷物少ない方がいいよ。それと、水分補給のための水も忘れないようにね!