でゅら~の暇つぶし

音楽情報を中心に、さまざまな情報をとりまとめるブログです。

【イベント情報・当日券・1/24】ONE NIGHT ONLY IN JAPAN BILLY JOEL IN CONCERT (2024.01.24公開)

 Billy Joel 当日券情報!

 

billyjoel2024.udo.jp/

 

タイトル:

  One Night Only In Japan Billy Joel In Concert

開催日程:

  1月24日(水) / 東京 / 東京ドーム

TICKET:

  当日券 席種未定

      ※見切れ席含む

  前売券

    VIP SS席 ¥100,000-

    VIP S席 ¥50,000-

    バルコニー席 ¥35,000-

    S席 ¥24,000-

    A席 ¥16,000-

    B席 ¥12,000-

公演公式:

www.billyjoel.com

billyjoel2024.udo.jp

 

 みなさまお元気でしょうか。

 Billy Joel チケット争奪戦勝ち抜けたでしょうか。

 ぼくは全オチしました。

 そのような人、多いのではないでしょうか?

 そんなあなたに朗報。

 当日券のアナウンスがありました!

 

 

 

 席種未定...

 これはワンチャンありそう。

 なんの保証もありませんが、早く買えればその分、優良席種優良席の割当ての可能性を感じます。

 では、いつ並べばいいのか?

 ド平日で直前のアナウンスですが、もしかすると、長蛇の列になる可能性もゼロではありません。

 取れるなら、午後休を取得するなどし、早いうちから並ぶと、購入する席種の幅は広がるでしょう。

 ちなぼくは午後休とれません。会議があるから。

 

 アナウンスの注釈には「見切れ席」について言及されています。

 この席は、機材の影や、ステージ・サイドすぎてステージ演出が見えない席のことを指します。

 なので、当日券を購入する方は、最悪、ステージが観られないという覚悟を持って購入した方が良いでしょう。

 まあ、公演を観られないよりは全然いいよな!

 そういう方々こそが、当日券を求めるべきと思います。

 

 その時々を彩るヒット・ソングが散りばめられた最高のひととき、Billy Joel 16年ぶりの来日公演。

 諦めるにはまだ早い!

 

【イベント情報・当日券・1/23】THE DARKNESS " PERMISSION TO LAND " 20 TOUR IN JAPAN (2024.01.23公開)

 Loud Park 11 以来の The Darkness 来日!

 

www.hipjpn.co.jp/archives/67963

 

タイトル:

  The Darkness "Permission To Land"

MEMBER:

  On Vocals, Guitars:Justin Hawkins

  On Guitar:Dan Hawkins

  On Bass:Frankie Poullain

  On Drums:Rufus Taylor

開催日程:

  1月23日(火) / 東京 / スポティファイ・オー・イース

TICKET;

  当日券 1Fスタンディング ¥8,300-

  前売券

    1Fスタンディング ¥7,800-

    2F指定席 ¥9,800-

  ※1ドリンク別

公演公式:

www.thedarknesslive.com

www.hipjpn.co.jp

 

 英ロック・バンド The Darkness が、一夜限りの東京公演を行います。

 本公演は、タイトルのとおり、デビュー・アルバム「Permission To Land」のリリース 20周年記念ツアー。

 直近の来日は、Loud Park 11 。単独公演としては、実に 2008年以来となるようです。

 

 一時期、Justin Hawkins の薬物治療などの問題があり、解散するも、2011年、突如再結成。東日本震災が起きたにも関わらず来日し、Loud Park へ出演してくれました、

 Queen など 1970 - 1980年代ハード・ロック (グラム・ロック) の影響を色濃く受けた音楽性。Justin Hawkins のフロントマンとしての華のあるステージング、独特のファルセットは、見ていてとても楽しかったのを思い出します。

 本公演は、あの時と同じく 1st 中心のセットで帰ってきてくれるのは、そういう意味合いのようで、とても感慨深い。

 

 Loud Park 11 からしばらく経っており、アルバムもリリースされ、そして、遂に単独公演ですから、バンドとしてもかなり力の入ったステージになることでしょう。

 The Darkness が、Queen 来日直前のタイミングで公演を開催することも、どこか運命めいたものを感じます。

 

 是非、この機会に、The Darkness に触れてみてはいかがでしょうか?

 

【ライブレポ】BEST OF BRUNO MARS LIVE AT TOKYO DOME ADDITIONAL SHOW 2024 (2024.01.13)

 Bruno Mars 流のおもてなし

 

www.hipjpn.co.jp/live/brunomars2024/

 

タイトル:

  Best Of Bruno Mars Live at Tokyo Dome Additional Show 2024

開催日程:

  1月13日(土) / 東京 / 東京ドーム

公演時間:

  開場 / 16:00 , 開演 / 18:00 , 終演 / 19:50

 

MEMBER

On Vocal:Bruno Mars

The Hooligans

  On Backing Vocal:Philip Lawrence

  On Bass:Jamareo Artis

  On Drums:Eric Hernandez

  On Trombone:Kameron Whalum

  On saxophone:Dwayne Dugger

  On Trumpet:James King

  On keyboards:John Fossit

  On Guitar:Mateus Asato

 

SETLIST

  01. 24K Magic

  02. Finesse

  03. Treasure

  04. Liquor Store Blues

  05. Billionaire

  06. Calling All My Lovelies

  07. Wake Up In The Sky

  08. That's What I Like

  09. Please Me

  10. Guitar & Saxophone Solo

  11. Versace On The Floor

  12. It Will Rain

  13. Kimi Wo Totemo Aishiteru

  14. Marry You
    ~ ヘビーローテーション (AKB48 cover)

  15. Drum Solo

  16. Runaway Baby

  17. Bruno Mars Karaoke

    Fuck You

    ~ Young, Wild & Free

    ~ Grenade

    ~ Talking To The Moon

    ~ Nothin' On You

    ~ Leave The Door Open

  18. When I Was Your Man

  19. Piano Solo

    ~ First Love (宇多田ヒカル cover)

  20. Locked Out Of Heaven

  21. Just The Way You Are
-enc-

  22. Uptown Funk

 

 Best of Bruno Mars と題された 2024年ツアーは、東京ドーム 7日間という大規模開催だったが、チケットのセールスは脅威の売行きで、あっという間に完売してしまった。

 正直、「うそやろ?」と思うくらいの勢いだったが、実際、会場を見て、自分のなかにあった疑問が氷塊するのを感じた。

 

 本公演は、2022年10月の東京ドーム公演と同じコンセプトのもと開催されたツアー。それは、ステージ演出やセットリストを見れば一目瞭然。

 ぼくは、2022年公演も観戦できたけど、1年越しの Bruno Mars は、相変わらず完璧なエンターテイナーで、また新たな感動を与えてくれた。

 しかし、東京ドームほどの大規模会場であっても、彼のサービス精神は、遠く離れた内野スタンドの天辺まで発揮され、荒天の元東京ドームまで集まった来場者を熱狂させた。

 

 流暢に日本語を操り、心の距離を一気に縮め、The Hooligans を率いたダンサブルなフォーメーションと、レーザーやスクリーンによる映像演出を交えたステージは、古きよきアメリカン・エンターテインメントを、Bruno Mars 流に再構築した最高のエンターテイメント・ショウだった。

 曲のアレンジも大胆で、原曲の雰囲気を失うことなく、観客と一体になれるようアレンジされており、彼の能力が、単なるミュージシャンの枠で収まらないことを示していた。

 誰もが彼の一挙手一投足に注視し目を離せない。でも、心の距離はすごく近いのが不思議だった。

 

 2022年から続く Bruno Mars Kraoke では、Bruno と来場者、

 

「ここでひとつボクと勝負だよ!ようこそ、Buruno Mars カラオケに!みんな上手に歌えるかなー?」

 

 という、茶目っ気たっぷりなコーナー。もちろん、キーボードをプレイするのは Bruno Mars。

 茶目っ気たっぷりではあるが、その採点は厳し目、歌声が小さければ、ポイントは付与されない。

 そのとき、Bruno は、歌声が小さいことに残念そうなアクションはするけど、決して雰囲気を損ねるようなそぶりは見せない。このあたりの匙加減が絶妙だ。

 

 2022年では、Sukiyaki Song など日本縁の楽曲をカバーした。

 本公演では、"Marry You" の途中に ”ヘビーローテーション” をプレイし、また、ピアノ・ソロでは、"First Love" をプレイし、それに合わせて来場者が合唱するというシーンもあった。

 

 どのシーンを切り取っても満足しかない公演だったが、"Just The Way You Are" からメンバー紹介への流れは、同曲をアレンジした曲を背景にメンバーがコールされ、とてもハッピーな感じで本編を終えた。

 このアレンジは、アメリカのエンタメ業界がもっともイキイキしていた 1980年代を彷彿させるようなポップ・ロック調で、ひとびとのしあわせな想いを集結させたような感動があり、誰もが笑顔で幸せそうだった。

 

 アンコールは、"Uptown Funk" 

 メンバー紹介で本編が終わったとき、これを盛り上がる展開はないだろうと思ったけど、それを軽々上回る爆発力があった。

 本当に底が知れないエンターテインメント・ショウだった。

 

 この日は、午前中晴天で、開演が迫るにつれ急変し、開場時間くらいには霙まじりの雷という、アップダウンの激しい天気だった。

 しかし、東京ドームを出るときには、あまり気圧の差は感じられなかったので、雨の上がった終演時間は、もしかしたら暖かかったまである。

 

 来場者は、2022年のときよりも家族連れや若年層 (10代) が多かったかも。

 家族連れや若年層が多いのはいいことだね。

 まず、コロナの脅威が本格的に過去のものとなった顕れだし、新規ファンが多いことを意味する。

 Bruno Mars のライブは、時代を象徴する一大エンターテインメントだから、誰もが一度目にしたいと思うし、その時間を大切なひとと共有したいというのもわかる。

 

 今後も Bruno Mars の人気はとどまることを知らないだろう。

 そう感じさせる公演でした。

 

 

【ライブレポ】Y&T 50TH ANNIVERSARY TOUR IN JAPAN (2024.01.20)

 Y&T 結成 50周年記念ツアーは、ダブル・アンコールも飛び出すほど熱気に包まれた公演でした!

 

www.facebook.com/YandTRocks/posts/pfbid05wCov3X1JnieQEALz2qKYEnB27nUqPWT4qM4mSXP4R6XTvHWdpksVjutMLvaPbmQl

 

タイトル:

  Y&T 50th Anniversary Tour in Japan

MEMBER:

  On Vocals, Guitars:Dave Meniketti

  On Guitar:John Nymann

  On Bass:Aaron Leigh

  On Drums:Mike Vanderhule

開催日程:

  1月20日(土) / 神奈川 / クラブ・チッタ

公演時間:

  開場 16:00 / 開演 17:00 / 終演 19:30 

 

 SETLIST

BGM. Big Tigger (Sxon song)

BGM. Black Dog (Led Zeppelin song)

BGM. In Trance (Scorpions song)

  Intro. From the Moon

  01. Open Fire

  02. Rock & Roll's Gonna Save the World

  03. 25 Hours a Day

  04. Struck Down

  05. Don't Stop Runnin'

  06. How Long

  07. Mean Streak

  08. Long Way Down

  09. Midnight in Tokyo

  10. Contagious

  11. Winds of Change

  12. Gimme the Beat

  13. Summertime Girls

  14. Don't Be Afraid of the Dark

  15. Black Tiger

  16. Dirty Girl

  17. I'm Coming Home

  18. Don't Wanna Lose

  19. Rescue Me

-enc-

  20. Lipstick and Leather

  21. Hell or High Water

  22. Forever

  Outro. Fly Me To The Moon (Frank Sinatra song)

-enc2-

  23. Hurricane

  24. Eyes of a Stranger

 

 Y&T 結成 50 周年を言祝ぐ記念公演。

 指定席構成のクラブ・チッタは、PA エリアギリギリまで指定席エリアとなり、超満員状態。

 さらに特別に立見席が設けられ、指定席構成では最大の来場者数となっていました。

 

 Y&T が直前に来日したのは、45周年記念公演だったよね。

 ってことは、まるっと 5年間ご無沙汰だったワケ。

 改めて、コロナで分かたれた時間の長さを感じました。

 

 その間バンドは、Dave の前立せんがん発覚という出来事があり、そしてその寛解が発表されたりと、心配したり喜びを分かち合いたかったけど、寄り添うことができず、やきもきした期間だったと思います。

 

 これまでのもろもろを爆発させたようなステージ。

 それが本公演でした。

 

 もちろん、Y&T の公演は、いつも熱狂的に盛り上がりますが、今回は特別感がありました。

 大声援で迎えられたバンドでしたが、Dave が姿を現すと、会場を揺らすかのような、より一層大きな声が沸き上がり、オープニング・ナンバーの Open Fire へ。

 楽曲は、大きなシンガロングが起こり、バンドも負けじと熱量を上げていく。バンドとファン、互いにどこまでの上りあがっていくかのようなテンション、

 そんなひとりひとりの琴線に触れる、魂のロックン・ロールを吠える Dave。まったく衰えを感じさせません。

 

 セット。リストの内容は、45周年を再構成したかのようで、選曲面での意外性は少なかったけど、お馴染みの楽曲で構成されたオール・タイム・ベスト・ヒット公演で、満足感が凄かった。

 しかし、Y&T というバンドは、2日間のセット・リストで何曲か入れ替えてくるので、本ツアーを 100% 楽しむには、両日参戦が必須となるので注意が必要。

 

 本公演は、アンコールの "Forever" までの予定だったようで、曲が終わった後、"Fly Me To The Moon" が流れると、終演のアナウンスが流れました。

 しかし、「Y&T」コールが止むことがありませんでした。

 再三にわたり、終演のアナウンスがあった後、なんと、バンド・メンバーが再登場!

 ステージに集まると「なにやる?」って感じの打ち合わせがあり、”Hurricane” が!

 外にでようとしていた来場者も、慌ててもどってきて、セカンド・アンコールがスタート。

 最後は "Eyes of a Stranger" で締め、本公演は、およそ 2時間30分という長時間で幕を下ろしました。

 

 来場者は熱烈にバンド受け入れ、バンドはファンにプレイやファン・サービスで応える。

 いわゆる、理想のライブ像のひとつが Y&T 50th Japan Tour にあったと思います。

 これだけ両想いの関係ですから、これからも機会があれば来日してくれることでしょう。

 来場者の年齢は高めでしたが、新規ファンの姿もあり、この人気は続くのだろうなあと感じました。

 

 

【雑談】Y&T 50TH ANNIVERSARY TOUR IN JAPAN 当日券について (2024.01.14公開)

 Y&T 50th Anniversary 公演の当日券について分かったことを共有しよう!

 

www.facebook.com/YandTRocks/posts/pfbid05wCov3X1JnieQEALz2qKYEnB27nUqPWT4qM4mSXP4R6XTvHWdpksVjutMLvaPbmQl

 

 

タイトル:

  Y&T 50th Anniversary Tour in Japan

MEMBER:

  On Vocals, Guitars:Dave Meniketti

  On Guitar:John Nymann

  On Bass:Aaron Leigh

  On Drums:Mike Vanderhule

開催日程:

  1月20日(土) ~ 21日(日) / 神奈川 / クラブ・チッタ

TICKET:

  当日券 ¥13,000-

  前売券 ¥12,000-

  ※1ドリンク別

公演公式:

yandtrocks.com

www.cittaworks.com

 

 Y&T 50th Anniversary 公演は、1月20日、21日、川崎 クラブ・チッタにて開催されます。

 本公演は、全席指定席で前売券が販売され、ソールド・アウトとなりましたが、立ち見当日券の販売がアナウンスされました。

 ぼくは、初日の当日券を購入したので、その情報を共有します。

 

 あくまで当日の情報なので、21日参戦の方は、くれぐれも現地情報を元に行動してください。

 

 

 

 当日券は、16時 (開場後) 販売開始です。

 当日の 15:30 を過ぎると、ぞろぞろ人が集まり、あっという間に 10人くらいの列となりました。

 なので、良いポジションをキープしたいなら、早めに並んだ方が良いでしょう。

 本日は、生憎の雨模様。しかし、開場時間あたりには雨が上がっていそう。

 ただ、雨降った後なので、気温も下がり吹く風も冷たいでしょうから、雨具や防寒対策は必須でしょう。

 

 チケット購入後、すぐに入場というわけではありません。

 X (旧 Twitter) 画像の右下の方に「呼び出し時間 16:45 」の記載を確認できると思います。

 チケット購入後は自由行動で、呼び出し時間より、整理番号順に入場となります。

 呼び出しの間隔は、わりとゆっくりなので、良いポジションをキープしたいなら、荷物は早めに預けておいたほうが良いでしょう。

 一応、立ち見でも、多少の荷物を置くスペースはありますが、自分が最大限にライブを楽しむには、やはり荷物は邪魔だと思います。まあ、ちょっとしたカバンくらいなら問題ないでしょう。

 

 立ち見席とはどんなものなのか?

 下図がイメージ画像です。

 赤線部分が立ち見エリア。

 □にしているのは、ひとり分のスペースがバミってあるからだよ。

 

 

  呼び出し時間が 16:45 と、少し遅めに設定しているのは、立ち見エリアは通路だからだろうね。

 あまり早い時間に入れてしまうと、会場内の移動が制限されてしまい、開演時間に影響してしまう可能性がある。

 だって、入場後、席に荷物をおいてからトイレとかドリンクとか行く人も少なくないでしょ。

 

 立ち見エリアはバミってあるので、椅子がない分。快適に観戦できる環境と言っていいでしょう。

 立ち見エリアの前の方ともなれば、下手に後ろの方の指定席より、観戦環境は良いと言い切ることもできます。

 ちなみに、指定席は、後ろのPA エリア直前まで、ギッチギチに椅子が並んでいるので、そちらで観戦することはできませんでした。(バミってないので、立ち見エリアではなかった)

 

 本公演は、バンド、来場者ともに気合が入りまくっており、関係者一丸となった渾身のステージが繰り広げられました。

 とても素晴らしい公演ですので、是非、このチャンスをお見逃しなく!

【イベント情報・当日券・1/20-21】Y&T 50TH ANNIVERSARY TOUR IN JAPAN (2024.01.20公開)

 Y&T 結成 50周年記念ツアー!

 

www.facebook.com/YandTRocks/posts/pfbid05wCov3X1JnieQEALz2qKYEnB27nUqPWT4qM4mSXP4R6XTvHWdpksVjutMLvaPbmQl

 

 

タイトル:

  Y&T 50th Anniversary Tour in Japan

MEMBER:

  On Vocals, Guitars:Dave Meniketti

  On Guitar:John Nymann

  On Bass:Aaron Leigh

  On Drums:Mike Vanderhule

開催日程:

  1月20日(土) ~ 21日(日) / 神奈川 / クラブ・チッタ

TICKET:

  当日券 ¥13,000-

  前売券 ¥12,000-

  ※1ドリンク別

公演公式:

yandtrocks.com

www.cittaworks.com

 

 祝! Y&T 結成 50周年記念公演開催!

 2022年の前立せんがんの発覚、そして、完全寛解

 コロナという驚異の他、あまりにも深刻な状況がバンドに襲い掛かりました。

 それらを乗り越え、50周年という記念すべき年をともに祝える喜びたるや!

 本公演の前売りチケットは、同じく想いをともにした方々多かったのか、ソールド・アウトとなっていました。

 しかし、公演公式サイトにて、突如、当日券発売のアナウンスがありました!

 本公演は、土日開催ですので、お時間によゆうのある方は、是非、会場にいらして、ともに再開を祝おうではありませんか!

 

www.youtube.com

【イベント情報・追加席・1/14-30】PAT METHENY ” DREAM BOX ” SOLO TOUR (2024.01.16公開)

 Pat Metheny 来日公演に、追加席販売のアナウンスが!

 

 

タイトル:

  Pat Metheny ”Dream Box” Solo Tour

  Blue Note Tokyo 35th Anniversary

開催日程:

  1月14日(日) / 北海道 / 札幌文化芸術劇場 hitaru

    SS席 ¥8,000-

    S席 ¥6,000-

    A席 ¥4,000-

    U-25席 ¥1,500-

  1月16日(火) / 新潟 / りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館

    S席 ¥11,000-

    A席 ¥8,000-

  1月17日(水) / 群馬 / 高崎芸術劇場 スタジオ・シアター

    全席指定 ¥11,000-

    U-25 ¥5,000-

  1月18日(木) / 愛知 / 東海市芸術劇場

    S席 ¥11,000-

    A席 ¥8,000-

  1月19日(金) / 大阪 / サンケイ・ホール・ブリーゼ

    S席 ¥11,000-

    A席 ¥8,000-

  1月21日(日) / 岩手 / トーサイ・クラシック・ホール岩手

    S席 ¥9,500-

    A席 ¥8,500-

  1月30日(火) ~ 2月4日(日) / 東京 / ブルー・ノート東京

    指定席 ¥13.800-

      ※別途シート・チャージのかかる席種アリ

       詳細は公式サイト参照のこと

公演公式:

www.patmetheny.com

www.bluenote.co.jp

 

 Pat Methney 来日公演がスタートしています。

 本公演は、開業35周年を迎えたブルー・ノート東京の特別プログラムという位置づけでプロモートされ、北海道~大阪で6都市6公演のあと、ブルー・ノート公演に向けて、6日間という、長期に渡る日程で開催されます。

 地方都市でも、キャリア 50年を超える超人気ギタリスト Pat Metheny が観られるというのは、実によいことだと思います。

 いくつかの公演では、U-25 チケットの発売があり、若い世代が来場しやすいような、そして、素晴らしい音楽に触れ合う機会を作ろうという意気込みが見えるのも、素晴らしい試みですね。

 

 個人的には、"Last Train Home" を演奏してくれるのかが気になるところ。

 この楽曲は、アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」(原作漫画:荒木飛呂彦) のエンディング・テーマとして採用されており、比較的、日本の若い世代の知名度も高く、この楽曲を演奏してくれたら、U-25 の来場へのきっかけとして良いんじゃないかと思ったの。

 でも、本公演は、アルバム・リリース後のソロ公演なので、Pat Metheny Group の楽曲をやるかはわからないよね。

 

www.youtube.com

 

 そうそう、本公演は、ソロ・アルバム「Dream Box」のリリース・ツアーです。

 なので、ステージに立つのは、Pat Metheny ただひとり!

 思う存分、Pat Metheny を堪能できるってワケ。

 アルバムを聴いて、キャリア50年を超え、なおも尽きないアイディア、枯れることのないセンス。そして、健在の節回し。マンネリしそうなのにそうはならないのが凄い。

 Pat Metheny というギタリストは、音源ではなく、ライブでこそ聴かなければならないギタリストと言えるので、お時間に余裕のある方は、当日券の情報を集め、会場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

【イベント情報・当日券・1/15-16】WARGASM " VENOM " JAPAN 2024 (2024.01.15公開)

 WARGASM 来日!

 

twitter.com/thisiswargasmuk/status/1746408437347709044

 

タイトル:

  WARGASM "VENOM" JAPAN 2024

MEMBER:

  On Vocals, Guitar, Bass:Milkie Way

  On Vocals, Guitar, Bass:Sam Matlock

  ※ライブはサポート・メンバーが付く

開催日程:

  1月15日(月), 16日(火) / 東京 / デュオ・ミュージック・エクスチェンジ

TICKET:

  当日券 ¥8,500-

  前売券 ¥7,500-

  ※1ドリンク別

公演公式:

www.wargasm.online

www.creativeman.co.jp

 

 次世代のハードコア、ニュー・メタルの旗手 WARGASM が、日本で単独公演を行います。

 旗手と書きましたが、最近のバンドに多い「これまで聴いてきた音楽を、自分のセンスでまとめあげ再構築した楽曲」という感じなので、あまりジャンル分けは意味ないとも感じます。

 ただ、聴いて思うのは、SlipknotNine Inch Nails が好きなんだろうなという印象を強く持ちました。

 そして、割と複雑で、かつ、激しく、まさに「WARGASM」って感の楽曲を展開しています。

 

 Milkie は、「Girl in the Pit」というハンドル・ネームで、モッシュ・ピットの画像を SNS に投稿していたり、日本でモデルをやっていたりと、割と面白い経験をしてきた方のようです。

 Samは、「Dead!」というバンドをやっていて、ふたりの仲は、このとき始まったようです。

 このようなふたりのバンドですから、ライブは、モッシュ・ピットも大きいものができて、激しく盛り上がった方が嬉しいのではないでしょうか?

 まあ、デュオという箱の特徴を考えると、大きいピットを作るのは難しいと思いますが...。

 

 1st アルバム「VENOM」をリリースしたばかりの WARGASM の来日公演ということで、会場で CD を購入した方向けに、サインの手渡しが実施されるようです。

 

イベント開催要項

開催場所:

  会場物販

開催時間:

  16:00~16:50

対象商品:

  CD「VENOM」
  CD「EXPLICIT: The MiXXXtape」
  レコード「EXPLICIT: The MiXXXtape」

参加方法:

 下記対象商品をそれぞれの公演日の16:00~16:50までにライヴ会場のCD販売特設会場にてご購入いただいた方を対象に、「サインお渡し会参加券」を対象商品1点につき1枚お渡しします。

 「サインお渡し会参加券」は先着で数に限りがございます。なくなり次第終了となりますので、予めご了承ください。

イベント公式:

www.universal-music.co.jp

 

 メンバーと触れ合える貴重な機会なので、是非!

 参加してみてはいかがでしょうか?

 

www.youtube.com

【雑談】BRUNO MARS 2024 TOUR 当日券について (2024.01.14公開)

 Bruno Mars 当日券についてわかったことを、ちょっとまとめた。

 

twitter.com/HIPpresents/status/1745346112675029262

 

タイトル:

  Best Of Bruno Mars Live at Tokyo Dome Additional Show 2024

開催日程:

  01月11日(木), 13日(土), 14日(日), 16日(火), 18日(木) / 東京 / 東京ドーム ※SOLD OUT※

  01月20日(土), 21日(日) / 東京 / 東京ドーム ※追加日程※ ※SOLD OUT※

TICKET:

  当日券

    正面見切席 ¥11,800-

    サイド見切席 ¥9,800-

  前売券  ※SOLD OUT※

    VIP SS席 ¥128,000-

    VIP S席 ¥38,800-

    VIP バルコニー席 ¥29,800-

    SS席 ¥18,800-

    S席 ¥14,800-

    A席 ¥11,800-

    B席 ¥9,800-

公演公式:

www.brunomars.com

www.hipjpn.co.jp

www.youtube.com

 

 前売り、追加席のチケット販売が、完全ソールド・アウトとなった Best of Bruno Mars 2024 公演。

 しかし、公演初日 1月11日の開演直前、見切れ席の販売が発表されました。

 

 先に当日券の購入方法を確認しましょう。

 購入手段は、いくつかあります。

 公式サイトからは、ぴあとローチケの案内。

 そして、東京ドームチケット売り場での購入。

 

当日券のまとめ

   ぴあ:クレジット決済のみ

   ローチケ:スマホからの申し込みのみ

     ※ぼくの端末は対応していなかった

     ※Loppi での支払いが可能かは不明

     ※Loppi は東京ドーム・ホテル 2階にて営業

   チケット売り場:現金のみ

     ※web 販売分のあまりがあるときのみ販売

     ※会場時間の1時間前に、チケットの販売があるか判断

     ※割当は、2階の後ろの方 A席あたりの割当

      (参考 2階 25 列相当)

     ※他席種の販売は無かった

 

 以上のことを踏まえた上で....

 今から当日券を買う場合、公式サイトから購入するのが一番いいです。

 ぼくは、当日券を、現地チケット販売所で買いました。

 それが、この景色。

 

 

 画像の端っこに、見切れ席だけどぽっかり空いている席が確認できます。

 なのに、2階の割当です。

 これは、当日、会場で web 購入している人がどれくらいでるかわからないので、多めに確保しておかなければならないからでしょう。

 だから、web で買ったほうがいいんじゃないかと思います。

 初日、現地購入で、これより割当が良い方がいたとしたら、それは、初日でアナウンスが開場直前だったから、ということでしょう。

 ワンチャン、他席種の販売の可能性を求め、なかったら現地で当日券を調達するというハイブリット方式もあります。

 また、画像からは、ステージ・サイド見切れ席の販売が無かったことが確認できます。

 これは、ステージ・サイド用のスクリーンの用意がないから販売されないのでしょうね。

 

 公式サイトから、当日券2種の景色を拾ってきました。。

 

 正面見切れは、音響のために設えられたタワーにより、視界が見切れる席。

 

 ステージ・サイドは、ステージ演出がほぼ見えない。

 あと、ポールが邪魔。

 

 

 公演を観に行った感想は、別途投稿すると思いますが、スタンド 2階席でも十分楽しめました!

 ステージからは離れていますが、ステージ脇に巨大スクリーンがあり、ステージ上の様子はわかりましたし、Bruno Mars は、ステージの隅々まで、自分のこころを届けることのできる素晴らしいエンターテイナーなので、110分という時間が、本当にあっという間に感じられました。

 チケット争奪戦に敗れた方々、今からでもチケットを購入し、Bruno Mars のライブをたのしみましょう!

 

【イベント情報・当日券・1/12-14】KALMAH JAPAN TOUR 2024 (2024.01.12公開)

 Kalmah はじまるぞ!

 

evp.jp/project/kalmah2024/

 

タイトル:

  Kalmah Japan Tour 2024

出演:

  Kalmah

  Suotana

  Ethereal Sin

開催日程:

  1月12日(金) / 大阪 / 梅田アム・ホール

  1月13日(土) / 愛知 / 大須ラッド・ホール

  1月14日(日) / 東京 / 新宿ブレイズ

TICKET:

  当日券 ¥10,000-

  前売券

    一般(大阪,愛知) ¥9,000-

    一般(東京) ¥8,500-

    高校生以下 ¥4,000-

公演公式:

www.kalmah.com

evp.jp

 

 2024年冬。

 わりと暖かく、冬将軍の出番はありませんが、遠くフィンランドより、Kalmah が Suotana を伴い来日!

 日本での人気も着実のものとした Kalmah が、同郷の Suotana と...というシチュエーションだけで、尊く悶絶できる。

 しかも、Suotana は、2020年の来日予定 (Suomi Feast) が中止となってから、永い"コロナ"という厳冬期を乗り切ってのから実った初来日公演。バンドも相当気合入っているだろうし、熱演が期待できる。きっと、来場したファンは、熱い歓喜の涙を流すことだろう。

 さらに、(本国の冬ほどではないが) バンドの持つ世界観と、この冬という季節もあっており、本公演こそ、このタイミングでこそ堪能したいバンドと言える。

 

 北欧独特の哀愁漂うメロディ、世界観を鮮やかに彩るキーボード。北欧シーンが好きな方であれば、まず、間違いない公演と言えます。

 本公演は、当日券の案内がアナウンスされているので、お時間に余裕のある方は、是非、会場まで足を運んでいただきたい。

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

【イベント情報・当日券・1/11-21】BEST OF BRUNO MARS LIVE AT TOKYO DOME ADDITIONAL SHOW 2024 (2024.01.12公開)

 Bruno Mars 当日券きたあああ!

 

twitter.com/HIPpresents/status/1745346112675029262

 

タイトル:

  Best Of Bruno Mars Live at Tokyo Dome Additional Show 2024

開催日程:

  01月11日(木), 13日(土), 14日(日), 16日(火), 18日(木) / 東京 / 東京ドーム ※SOLD OUT※

  01月20日(土), 21日(日) / 東京 / 東京ドーム ※追加日程※ ※SOLD OUT※

TICKET:

  当日券

    正面見切席 ¥11,800-

    サイド見切席 ¥9,800-

  前売券  ※SOLD OUT※

    VIP SS席 ¥128,000-

    VIP S席 ¥38,800-

    VIP バルコニー席 ¥29,800-

    SS席 ¥18,800-

    S席 ¥14,800-

    A席 ¥11,800-

    B席 ¥9,800-

公演公式:

www.brunomars.com

www.hipjpn.co.jp

www.youtube.com

 

 1月11日からはじまった Best of Bruno Mars 東京ドーム公演。

 本公演は、超人気公演となっており、去年9月を待たずしてチケット・ソールド・アウトとなっておりました。

 その後、追加席種の販売もあったのですが、これも早期でソールド・アウト。

 もう、公演を諦めるしかないのか?

 そんな公演初日の黄昏時。

 プロモーターである H.I.P. の SNS が、ひとつポストしました。

 

 

 当日券として、見切れ席の販売!

 しかも、公演席種の価格帯に対し、良心的な価格設定で、非常にありがてぇ。

 初日の情報公開は直前になってしまいましたが、この情報を受け、翌日以降は並ぶ方続出する予感。

 しかし、このチケット、今からでもローチケ、ぴあでの購入が可能です。

 公演公式サイトでは、それぞれの指定席からの景色が公開されているので、確認の上、購入すると良いでしょう。

 

 ネットで事前購入できるのに、なぜ、当日並ぶのか?

 それは、当日並べば、ワンチャン、見切れ席ではない券種の販売があるかもしれないからです。

 早く並べば並ぶだけ、良席にありつける可能性があり、それゆえ、ワンチャンを求め並んでしまうのです。

 この時期ですので、体調と相談してワンチャンに賭けるのもアリ?

 チケット争奪戦全オチになってしまったガチ勢は、このワンチャンに賭けるのもアリ。

 

 さて、正面・サイド、どちらの見切れが良いか?って話。

 正面は、見切れといえど演出が見える。

 サイドは、ステージへの距離が近い。

 それぞれ良さがあります。

 見切れでもいいから演出を含めたエンターテイメントを楽しみたいのであれば、正面。

 とにかく近い距離でバカみたいに歌って踊りたいのであれば、サイド。

 そんなイメージで選択するといいかもしれません。

 付記するとすれば、サイド見切れは、ワンチャン、声がステージに届きます。

 

 ライブは、ステージに近ければ近いほど熱量が高く、盛り上がり、遠くなるほど盛り上がりも小さくなってしまいます。

 これは「そういう傾向にある」というだけで、保証するものではないこと、ご承知おきください。

 

 ぼくは、2022年公演を観ましたが、MAX 楽しみたいのであれば、ステージ演出が見えたほうが絶対に楽しい。

 しかし、熱心なファンであれば、演出がみえなくとも、十分、盛り上がることは可能です。

 これが初参加とかだと、ステージサイドは厳しいかもしれません。

 

 なんにせよ、このタイミングであっても、Best of Bruno Mars 公演を諦めなくてよいのは、ホント贅沢なことでありがてぇ。

【イベント情報・2024/2/4-14】QUEEN + ADAM LAMBERT " THE RHAPSODY " TOUR 2024 (2024.01.05公開)

 Queen 北海道公演に、とんでもねえゲストが!!!

 

www.creativeman.co.jp/artist/2024/02queen/

 

タイトル:

  Queen + Adam Lambert "The Rhapsory" Tour 2024

MEMBER:

  On Guitars, Vocals:Brian May

  On Drums:Roger Taylor

  On Vocal:Adam Lambert

  On Keyboards:Spike Edney

  On Bass:Neil Fairclough

  On percussion:Tyler Warren

開催日程:

  02月04日(日) / 愛知 / バンテリン・ドーム名古屋

  02月07日(水) / 大阪 / 京セラ・ドーム大阪

  02月10日(金) / 北海道 / 札幌ドーム

    Special Guest:GLAY

  02月13日(月) / 東京 / 東京ドーム

  2024年02月14日(火) / 東京 / 東京ドーム

TICKET:

  GOLD席 ¥48,000-

  SS席 ¥25,000-

  S席 ¥17,000-

  A席 ¥12,000-

東京ドームのみの席種

  バルコニー席 ¥20,000-

  BOXシート 各種

公演公式:

www.queenonline.com

www.creativeman.co.jp

 

 新年を迎え、いよいよ開催が迫ってきた Queen + Adam Lambaert (以下、Queen) 。

 その北海道公演に、北海道ならではの超豪華ゲスト GLAY の参加が発表されたぞ!

 

 GLAY と言えば、シングル盤「HC 2023 episode 1 -THE GHOST/限界突破」をリリースし、"THE GHOST" を冠した 「The Ghost Hunter ツアー」を、12月まで開催していたよね。

 このシングルが ”episode1" となっていることから、Ghost の episode が追加されていき、最後に、それらを総括するような大規模ツアーが組まれることを期待せずにはいられないよね。

 また、永井豪原作のロボットアニメ「UFOロボ グレンダイザー」 の新作「グレンダイザーU」 にて、「会心ノ一撃」がオープニング曲となっています。

 

 さて、公演公式サイトのチケット販売状況を見ると、札幌公演はこんな感じだ。

 東京、大阪公演で、GOLD、SS といった高額チケットがソールド・アウトしているのと比べると、かなり寂しい販売状況と言わざるを得ない。

 

 

 この会場となっている札幌ドームは、かつて、プロ野球 北海道日本ハム・ファイターズの本拠地でした。

 しかし、2023年度、ファイターズが本拠地を移したことによって、収入が大幅減となっていることでしょう。

 利用状況としては、プロサッカー 北海道コンサドーレ札幌が本拠地として利用を続けていますが、プロチームがひとつ減ったという大きな穴を埋めるためにも、このような大規模コンサートなどで収益を確保したいところでしょう。

 

 GLAY は、札幌出身でこそありませんが、北海道出身のミュージシャンとして、北海道を盛り上げたいだろうし、GLAY 30周年という記念すべき幕開けを、Queen と供に 札幌ドームで、というのは、バンドにとっても本望とするところでしょう。

 

 もちろん、Queen にとっても、札幌公演は 42年ぶりとなるから、気合いが入らないわけがなく、QueenGLAY とも、バンド史上に残るような熱演が期待されます。

 公演日が土曜日なので、フルセットの構成でも開演時間を早めることができたのも、大きいですね。

 

 また、Queen 42年ぶりの北海道ということで、札幌 PARCO にて「Queen展 in Sapporo」の開催も発表されました!

 

sapporo.parco.jp

 

  こちら、展示スペースが、他会場と比べて狭いこともあり、限定的な展示になることから、入場無料となっているようです。

 展示期間は、1月13日~21日と、公演日程にはかすりもしないので、来場希望の方々は、日程にご注意ください。

 会場では、Queen展おなじみのグッズ販売もあるようですので、公演前に足を延ばしてみてはいかがでしょうか?

 

 開催に向けて、一気にヒート・アップしてきた Queen "Rhapsody" Tour 2024 。

 かなり豪華な公演になりそうですね! (特に札幌公演) 

【ブログ】lml あけおMETAL 2024 lml【おしらせ】

 

 新年明けましておめでとうございます。

 旧年中は格別のお引き立てを賜り、心から感謝申し上げます。

 本年も、より一層、有用な音楽情報を中心に、役立つ情報の発信に務めようと思います。

 

 

 能登半島地震で被災された方々、羽田空港の事故の被害を受けた方々へ、心からお見舞い申し上げます。

 新年明けて早々、大きな出来事がふたつ起こりました。

 ひとつは能登半島地震、もうひとつは、羽田空港で起きた、旅客機と航空機の衝突事故。

 2023年~2024年はおめでたい報道も多く、明るい年になるといいなあと、のんびりしていた矢先の出来事で、新年早々、ゆく先に暗雲が立ち込めるような出来事が続きました。

 このような困難にあったときこそ、各々が成すべきを成し、協力しあうことが大事だと思います。

 


 さて、新年のあいさつですが、久々に X (旧 Twitter) のヘッダーを更新しました。

 この記事のトップの画像です。

 2024年は辰年なので、龍、ドラゴン。

 ~2023年は、パンデミックや戦争など、暗いイメージが強いため、明るい方へ転じてほしいという思いから、龍=ウロボロスをイメージしました。

 

 
 2023年のライブ・シーンは、有人開催から声出し解禁まで緩和され、かつての風景が戻り、大いに活気づいた 1年でしたね!

 ただ、海外バンドに限らず、邦エンタメ業界も積極的に公演を開催し、稀にみる公演ラッシュに見舞われ、うれしい悲鳴を上げ続けたという側面もありました。

 また、ビッグ・ネームの来日公演は、チケット代の高騰化が進み、参戦の取捨選択について、大いに頭を悩ませることになりました。


 さて、新年明けて早々、ビッグ・ネームの来日ラッシュです。なので、東京ドームをはじめ、大型施設はフル稼働。

 都内では、毎日のようにライブがある...どころか、多くの日程で公演の被りがある状況。

 2024年も、去年に引き続き、来日ラッシュが多い一年になりそう。

 すでに、半年以上先の公演が発表されているのも、ちらほら見かけますね。

 いつ、どのタイミングで新規公演が発表されるかわからない状況で、先んじてチケットを買うということは、これまではとてもリスキーなことでした。

 しかし、最近は、ある程度の規模の公演であれば、リセールできるようになってきていますし、チケット売買サイトも充実してきています。

 つまり、「とりあえず買っとく」のリスクが、だいぶ軽減されてきているのを感じます。

 また、ライブが通常どおり開催されるようになっても、ストリーミング配信用チケットが販売されることが多くなっている他、WOWOWなどで生中継される公演も増えてきているように思えます。

 これは、遠征勢にとっては嬉しことですよね。

 なので、事前に日程をしらべておくことは必要ですが、妥協できるなら、無理して現地参戦しなくても良いという選択肢が取れるようになりました。

 こうして観戦の機会が増えたことで、より戦略的に計画を練ることができるようになったことは、偏にエンタメ業界に関わる方々の尽力のたまものだと思います。
 本当にありがたいですね。

 

 

 最後になりますが、「でゅら〜の暇つぶし」 では、常にコンテンツの充実を模索しております。

 ご要望などございましたら、コメント欄などで、気軽にご意見・ご要望を投稿してください。

 それでは、本年も充実した年であること、本年も皆様が健やかに過ごせることを願いまして、新年のあいさつとさせていただきます。

 


2024年1月吉日 でゅら~

【NEWS・12/24-29】吉祥寺WARP、営業中止により予定ライブも中止 (2023.12.25)

 音楽スタジオ、ライブ・ハウスを手掛ける リンキィ・ディンクス・スタジオに脅迫メールが届き、12月24日~29日までの 6日間、吉祥寺ワープにて予定していたライブが中止になったらしい。

 

 

 どのような脅迫メールかはわかりませんが、営業中止を決定するくらいですから、よほど物騒な内容だと思われます。

 タイミング的に、2023年のラスト・ステージのミュージシャン、お笑い芸人が多かったことでしょう。最後の仕事に向け、気合を入れて・・・というところに水をさされた結果になってしまいました。

 今年は、(自演だった可能性が高い) Kアリーナ横浜で刺傷事件もあり、「どうせいたずらだろ」と一笑に伏せない土壌が出来上がっていますよね。

 たとえ、入場時の持ち物検査を強化したところで、キャパシティの小さなライブ・ハウスでは限界があります.し、中止という意思決定は仕方のないことだと思います。

 このような卑怯な犯行目論む犯人が、一日でも早く逮捕されますように。

 

 以下、中止となるイベントと出演者をまとめました。

 

吉祥寺WARP 12/24-29 中止イベント一覧

12月24日
  タイトル:SMALL LAKE!!
  出演:
    heliotrope
    BATROICA METAL SUMMER JACKET
    arigarnon friend's
    奮酉(FURUTORI)
    神々のゴライコーズ
    Nikoん

12月25日
  タイトル:ホピーハイボ初自主企画"麦とポップ " 第一夜
  出演:
    ホピーハイボ
    メレ
    東京カメレオン
    いとうもっこりくらぶ

12月26日
  タイトル:WARPに行ってきました。
  出演:
    春組織
    都トム
    にょぼりげ
    村上、元気そうでよかった。
    きしたかの
    牛女
    グラム
    and more...

12月27日
  タイトル:中村いぶき3rd e.p. 「ワンシーン」release tour final
  出演:
    中村いぶき
    青谷明日香

12月28日
  タイトル:memento moment. -SPECIAL!!-
  出演:
    Fallsheeps
    YKCM
    SigarDown
    UOU FOR CLUB
    chie
    マリースメック

12月29日
  タイトル:武蔵野音楽祭
  出演:
    KILLERBONZE
    茶封筒
    奇奇愛愛
    ホピーハイボ
    小弁慶(fromオワリズム弁慶)

【イベント情報・当日券・12/15-17】SECRET SPHERE JAPAN TOUR 2023 (2023.12.15公開)

 イタリアより Secret Sphere が、Serenity を伴い来日!

 

twitter.com/evpro666/status/1735117435173556581

 

タイトル:

  Secret Sphere Japan Tour 2023

出演:

  Secret Sphere

  Serenity

  Illusion Force

  Allegiance reign

開催日程:

  12月15日(金) / 東京 / 初台ドアーズ

    Secret Sphere / Serenity / Illusion Force

  12月16日(土) / 愛知 / 今池スリー・スター

    Secret Sphere / Serenity / Illusion Force

  12月17日(日) / 大阪 / 大阪ルイード

    Secret Sphere / Serenity / Illusion Force / Allegiance reign

TICKET:

  当日券 アリ

  前売券 

    VIP ¥12,000-

    一般 ¥9,000-

    高校生以下 ¥4,000-

  ※1ドリンク別

公演公式:

www.facebook.com

 

 イタリアから Secret Sphereオーストリアから Srenity、日本から Illusion Force, Allegiance reign (※大阪のみ) 4バンドが集う、歳末パワー・メタル祭り開催!

 国際色豊かなラインナップで、それぞれ描く世界観が異なることもあり、パワー・メタル愛好家にオススメのイベントとなっています。

 東京公演は、あいにくの平日開催となっており、タイミング的にも忘年会の方が多いのではないでしょうか?

 東京公演でも、出演は 3バンドありますので、お目当てが Secret Sphere なら、ワンチャン、忘年会終わってからでも間に合うかも?

 

 本公演は、Secret Shere 「A Time Never Come」アルバム再現+新譜となっております。

 名盤の呼び声高いので、本作を愛聴している方は、是非、足を運んでみてください!